CRA求人の業界こぼれ話

CRAというのは主に新薬に関わる業務を担っていますが、求人は幅広く募集しています。

CRAとは

世の中には広く誰にでも知られて、子供から大人まで知れ渡っているような仕事もありますが、反対に職業名を聞いてもその仕事がどのような仕事なのか、なかなかわからないような仕事というのもあります。

その職業名を聞いても、なかなかすぐにはわからない仕事の一つがCRAではないでしょうか?CRAというのは、そのイメージから航空関係の仕事のようなイメージもするかもしれませんが、実は日本名に訳すと臨床開発モニターという意味になります。

臨床開発モニターと聞いても、それ自体がピンとこないかもしれませんが、さらにわかりやすく説明すると、いわゆる新薬の開発に関わる治験に関する、あらゆる業務を担当したりするような仕事です。

治験に関する広い業務担当と言っても、治験の開始前の準備から治験の際のモニタリング、報告書の作成とかチェック、さらには治験が終わった後のいろいろな手続きといったものを請け負う仕事がCRAなのです。

このCRAに関しては主に新薬の開発に関する業務担当なので、薬剤会社であるとか医療機器などを主に取り扱う企業からしか求人がないような気がしますが、そういった企業からの求人はもちろん、そういった企業を支えるいわば縁の下の力持ちのような企業も数多く存在しているのです。

またCRAの求人募集の中には、経験者であるとかある程度の薬剤師としてのキャリアを積んでいるようなベテランしか採用していないイメージもありますが、そういった方々はもちろん未経験でも積極採用している場合も多くあります。

◇参考リンク【URL:http://www.nashuagardenclub.org/